ED治療薬とは

ED治療薬というものがどのようなものなのか分かっていない。

また服用しても安全なのか分からずに、利用をためらっている。

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ED治療薬は勃起不全を改善する為の医薬品で、性行為の問題を改善する薬になります。

ED治療薬という言葉のイメージでは男性が服用するイメージが強いと思いますが、近年では女性も服用することの多い医薬品になります。

ED治療薬は男性、女性ともに服用されている薬として、多くの人に利用されていますが、実際どのような薬なのかについて説明していきたいと思います。

ED治療薬とは

ED治療薬とは勃起障害、勃起不全を治療する薬になります。

そもそもEDとは英語で「Erectile Dysfunction」で、日本語訳すると「勃起障害」、「勃起不全」という意味になります。

勃起障害や勃起不全という言葉的に「勃起することができない状態」とイメージされる方が多いと思いますが、勃起するまでに時間がかかったり、性交の際に中折れしてしまい、勃起状態を維持することが困難な状態を指します。

何故、勃起するまでに時間が掛かってしまったり、性交の際に中折れしてしまったりするのでしょうか?

それは血の流れに関係があります。

勃起不全、勃起障害の仕組み

勃起不全の原因は主の2種類あります。

1つは心因性によるEDです。

もうひとつは加齢によるEDや糖尿病、高血圧症などの症状によるEDです。

EDはふとしたきっかけで誰しもが起こりえる症状なんです。

近年では10代や20代の若い方でもED症状に悩んでいる方もいらっしゃるんです。

性交は出来てあたりまえというものではないんです。

心因性によるED

心因性によるEDはふとした事がきっかけとなることがあります。

それは、自分自身の寝不足やストレスでも自律神経や男性ホルモンのバランスがくずれ、勃起力の低下につながります。

またパートナーとの性行為に失敗してしまい、それがトラウマとなって性行為自体に抵抗を感じるようになってしまいEDとなることもあります。

初めて性行為を行う場合でも、緊張して上手く勃起することが出来なかったという経験をされた方と同様に、精神状態によって勃起力は変化するんです。

加齢によるED

加齢によってEDとなることもあります。

年齢が高くなればなるほどEDになる確率も高くなっていくとされています。

年を重ねるごとに身体機能が低下し、血液の循環が上手くいかなくなり、結果としてEDとなってしまう事があります。

50代、60代でも性交を行うことの出来る男性も勿論おり、生活習慣や煙草や飲酒、ストレス発散などに気をつけることで、年齢が高くても、十分な勃起力を発揮することができます。

糖尿病、高血圧症などによるED症状

糖尿病や高血圧症によってEDとなってしまう事があります。

米国の研究で糖尿病の男性はEDの発症率が通常の男性と比べ、2~3倍EDになりやすいとされています。

理由としては糖尿病により血圧が上昇し、血管を傷つけてしまう事が原因となります。

逆に心因性の以外でEDとなった場合、糖尿病や高血圧症の可能性があるので、検査することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です