ED治療薬の使用方法や安全性

ED治療薬の使用方法について

ED治療薬の正しい使用方法について説明していきます。

ED治療薬は基本的には空腹時に水かぬるま湯で服用することで効果を最大限に発揮する医薬品となります。

シアリスやレビトラなどは食事の影響を受けにくいとされていますが、空腹時に服用した方が効果を発揮します。

女性用バイアグラであるラブグラ、シルジョイピンク、フィメールグラ、フリバンも同様です。

ED治療薬はそれぞれに決められた服用量があります。

男性用バイアグラの服用

バイアグラ…成人された方が服用される場合は、1錠~2錠を性行為を行う約30分~1時間前に水、またはぬるま湯と一緒に服用します。

シアリス…成人された方が服用される場合は、1日2錠までを上限として性行為の約30分~1時間前に水かぬるま湯と一緒に服用ください。次の服用までの間隔は24時間以上必要になります。

レビトラ…成人された方が服用される場合は、1日1錠が服用の限界で服用の間隔は24時間以上必要となります。

女性用バイアグラ

ラブグラ…1日1錠を性行為の1時間ほど前に服用することで、効果は4時間~6時間持続すると言われています。

シルジョイピンク…1日の服用量は1回1錠までとし、次回の服用までは24時間以上の間隔を空ける必要があります。

フィメールグラ…1日1錠を上限として、性行為の1時間ほど前に水またはぬるま湯で服用可能。次の服用までの間隔は24時間以上空ける必要があります。

フリバン…一日1錠を寝る前に水と一緒に服用ください。毎日服用していることで、神経に働きかけることで自然な性欲を感じれるようになっていきます。

ED治療薬の安全性について

ED治療薬は服用することで「興奮した状態が続く」、「1日中勃起している」などというイメージを持たれている方もいらっしゃるみたいですが、そんなことはありません。

ED治療薬は血行を良くする薬です。

服用することで、血行を良くし、性器周辺に十分な血液を起こり込めるため、性行為で感じられるようになったり、勃起できるようになるというものです。

一度服用したことによって麻薬のような依存性などはありませんので、安心ください。

ですが、ED治療薬は医薬品になりますので、副作用というものが存在します。

ED治療薬の副作用

ED治療薬は医薬品になりますので、副作用というものが付いてきます。

基本的に「顔の火照り、頭痛、めまい、動悸、目の充血、胸焼けなど」があります。

これらの副作用は基本的にどれも軽度のもので、重い症状ではありません。

血行が良くなることで起こる一時的な症状となっています。

また薬の効果が切れることで、これらの副作用症状もなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です