有名なED治療薬 女性用バイアグラ

女性用バイアグラ

女性用バイアグラも男性用バイアグラと同じように血管を拡張させることで、性器周辺の血行を良くさせることで、女性の性の悩みである「不感症(冷感症)」や「性交痛の緩和」を行うことが出来ます。

女性の不感症や性交痛などは、膣内分泌液が不十分なために起こる症状とされており、性器周辺の血行を良くすることで、膣内が十分に潤いやすくなり、性交の際に気持ちいいと感じように出来ます。

元々は閉経後の女性に利用されることの多かった女性用バイアグラでしたが、近年では10代20代の女性でも利用されることの多くなってきた医薬品となります。

ラブグラ

ラブグラは、アジャンタ・ファーマ社が女性用に開発したバイアグラになります。

有効成分もバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルが配合されており、服用することによって子宮や膣内、陰核に血流の促進作用により、膣内に潤い与えることが出来ます。

性的に興奮しない、濡れない、不感症などの性的興奮障害の対策として使用されています。

シルジョイピンク

シルジョイピンクは、インドのジェネリック製薬会社であるサバメディカが製造するウーメラのジェネリック医薬品です。

有効成分は男性用バイアグラやラブグラと同様で、効果も同じとなっています。

ラブグラとの違いは製造会社が違う為、開発にかかっているコストの違いにより価格の差はあります。

フィメールグラ

フィメールグラは、サンライズレメディズ社が製造・販売している女性用バイアグラです。

シルジョイピンクと同様に有効成分がクエン酸シルデナフィルとなっているので、ラブグラと同じ効果を得ることが出来ます。

服用することによって、膣や女性器周辺が濡れやすくなりますが、フィメールグラには性的興奮や性欲を増進する媚薬のような効果はありません。

あくまでも血液の流れを改善することによる、不感症などの治療になります。

フリバン

フリバンはセンチュリオンラボラトリーズ社が製造販売している女性用バイアグラになります。

有効成分はフリバンセリンで、ドーパミンやノルエフリンなどの神経に作用することで、不感症や膣内の渇きを改善することが出来ます。

ラブグラ、シルジョイピンク、フィメールグラなどの女性用バイアグラは血液の流れを改善することで、不感症などの症状を改善しますが、フリバンは脳神経に直接働きかけることで、性的興奮を覚え濡れやすくするといったものになります。

毎日服用することで、性欲をコントロールできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です